ポケリッチプロジェクトでご紹介しているのは
市場の相場に左右されることなく
安定的な利益が期待できる収入術。


世界経済の不況下でも
市場の相場に左右されることがないため
他の投資と比べて圧倒的に低いリスク
大きなリターンが期待できます。

  • 1,000万円までは元本保証されるため
    損失リスクは圧倒的に低い。

    現在の普通預金の平均年利は
    0.001%ほどのため
    大きな利益は期待できない。

  • あらかじめ約束された利率の利子を
    定期的に受け取ることができる。


    国や企業などが倒産または財政難に
    おちいった場合には、
    決められた通りの利子を
    受けられなくなるリスク
    がある。

  • 相場が大きく動けば一度に
    大きな利益
    を得ることが可能になるが
    相場が予想と逆の方向に動けば
    大きな損を被るリスクがある。

  • レバレッジを利用し株式投資以上に
    大きな利益を得ることが可能
    であるが

    レバレッジが効くことで
    大きな損を被る危険性も高い
    ハイリスク・ハイリターンな投資商品。

  • 毎月安定的な利益が見込める。

    一度に大きな利益というよりは
    長期を視野にトータルでの
    大きな資産構築が実現可能である

    という特徴を持つ。

    市場の相場に左右される
    可能性が低いため
    損失リスクを限りなく低く
    抑える
    ことに成功している。


新型コロナウイルスの完全な収束が見込めず
未知なるウイルスと
共存していく必要性が出てきた「withコロナ時代」

これまでと同じお金の稼ぎ方では
これまでと同等の収入を
得ることは難しくなります。



2020年の国内企業の
倒産件数は1万件を超えるとされ
2020年6月時点の失業者数は
180万人を超えています。

オンラインでのビジネスや
在宅ワークが推奨されるようになった昨今

これまでと同じように
毎日会社に出社して会社で仕事をするという
”当たり前”は“当たり前”では
なくなっていくでしょう。


経済や金融に長けている専門家だけでなく
実際に企業に勤める会社員までもが
「労働収入の限界」
すでに気づき始めています。


ここでもうひとつ
重要なデータを見てみましょう。

コロナショックの煽りによる「休業者」
2020年5月時点で600万人を超えました。

特に、オフラインで人と
接する必要があるサービス業
渡航制限の影響を大きく受けた
観光業などに従事する人々が

コロナショックの煽りを受け
休業を余儀なくされました。

企業によっては
給与を補填してくれる場合もありますが
休業してしまえば企業も従業員に
給与を支払うことは難しくなります。

当たり前のことですが
企業が給与の支払いをストップしてしまえば
従業員の収入は途絶えてしまいます。



「自分はサービス業や観光業に
 勤めていないから大丈夫だ」

今はまだ楽天的に思っている方も多いでしょう。

ですが、国内企業の業績は
業種に関係なく落ち込んでいる

というのが現状です。

企業は売上が落ちればまず
人件費を削減することを考えます。


コロナウイルスの感染者数が
9万人を超えたアメリカでは
失業者数はすでに2,500万人を突破しました。

アメリカの労働人口は約1億6,000万人なので
実に6人に1人が職を失っている
ということになります。



あなたは、
「自分が失業や休職をしない」
と言い切れますか?

「明日会社が倒産し
 収入が途絶えることは100%ない」

と言い切れますか?


いざというときに国は助けてはくれません。

働き方改革にもあるように
国は国民に副収入を持つよう勧めるしか
他に策がないのです。


失業して収入が途絶えてからでは遅いのです。


「今」が本気で
自分の収入について
考え直し行動を起こす
ギリギリのタイミングなのです。

こういった方でも一切の不安なく
「初めの一歩」を踏み出せるようにと
立ち上げられたものこそが

今回あなたにご紹介している
ポケリッチプロジェクトです。

いま間違った一歩を歩み出し
損失を被ってしまようなことがあれば
その穴埋めに4年は費やすことになるでしょう。


当プロジェクトで「withコロナ」という
新しい時代の収入術を手に入れて
これからの時代を生き抜くための
安定収入を今すぐ確保してください。

コロナショックの煽りによって
誰もが損をしたのか?というと
決してそうではありません。

コロナで売上が減少する企業、
収入が減った人々がいる一方で

世界の一部の富豪層たち
コロナ相場を追い風と見て
着実に資産を増やしています。



アメリカの進歩的な
シンクタンク・政策研究所が
まとめた報告書によって

AmazonCEOジェフ・ベゾス氏をはじめとする
アメリカの富豪層の資産が

2020年3月~6月にかけての3か月間で
5,560億ドル(約62兆円)増えた
という事実が明らかにされています。

なぜ世界の富豪層たちは
コロナショックによる世界的大恐慌の中で
資産を増やすことができたのでしょうか?

その理由は…


たしかな情報を見極め
適切なタイミング
行動に起こしたから

に他なりません。

インターネットの発達と
コロナウイルスの蔓延が相まって
真偽不明の情報が錯乱する現代、

たしかな情報を見極め
適切なタイミングで行動に起こせるかどうかが

試されています。


コロナショックによる収入減を契機に
新たに投資を始める人がいま増加していますが

野村証券の投資動向調査によれば
個人投資家の中で利益を出せている割合は
全体のたった
1割程度に過ぎません。

つまり、投資経験者の9割以上
損をしている
のが現実なのです。

今から独学で投資をしようにも
知識はもちろん、情報の収集力にも
限界があります。



だからこそこうして
ポケリッチプロジェクトで

安定的な資産形成
実現するための収入術


を提供しているのです。

世界経済が大恐慌に陥ろうとも
安定的に利益を獲得し続けることは十分可能です。

ポケリッチプロジェクトが
それを実現します。



世界を股にかける現役投資家が

「withコロナ時代にこそ稼ぎやすい」

と自信と誇りを持って
お届けする新時代の収入術
将来に備えて今から
安定的な資産を構築していきませんか?